スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、山崎恭正と申します。

本日は私のブログをご覧頂きましてありがとうございます。

 

簡単な自己紹介をさせて頂きます。

名前:山崎恭正(40代半ば)

出身地:東京都出身

アフィリエイト歴:6年目

 

スポンサーリンク

経歴

19歳〜32歳まで飲食店を主体としている会社に勤務。

 

30歳の時に当時としては珍しい

10万人に1人と言われていた

精巣腫瘍が見つかる。

 

見つかった時点で、精巣腫瘍ステージ4

肺転移・鎖骨下に転移が見つかる。

 

肺に転移していた癌細胞は両肺合わせて100個以上。

 

オペができないため、抗がん剤治療ののちに癌は消滅。

 

その後、3度の再発を繰り返し、

余命半年の宣告を受ける。

 

半年の命ならと思い、当時勤めていた会社を退職。

 

当時、趣味でもあったブラックバスの釣りや悔いのない人生のためにやりたい事をやりまくる。

 

余命宣告から半年後、まだ生きていたw

 

余命宣告から1年後、まだ生きていたw

 

生きていたので、なにかしなきゃとの思いから

当時、趣味にしていたアクア業界に進出。

 

淡水の観賞用えび、レッドビーシュリンプのブリーダーを志す。

 

屋号を「たかえび」としてブリーダーデビュー。

えびの販売と併用して、独自配合のエサの開発などをして販売。

 

当時のお客様に

「アフィリエイト」

という言葉を初めて聞く。

 

ググりまくってメルマガアフィリエイトに着手。

初月で10万円の報酬を得て、

2ヶ月後にたまたまFacebookで見つけた

「Facebook診断アプリでいいね!を増やしてアフィリエイト」

というものの合宿に参加。

 

のちのメンターとなる中尾友一氏と出会う。

 

・Facebookアフィリ

・Twitterアフィリ

・サイトアフィリ

・アダルトアフィリ

・出会い系アフィリ

・バイラルメディア運営

 

などを経て、

メンターの中尾友一氏に1年間従事。

 

現在の中尾氏はシンガポールに移住してなお活躍中。

 

法人化して今期4期目となる。

 

アフィリエイトを始めて今年で6年目。

 

ちなみに癌は余命宣告から5年後にCT検査をしたが自然消滅していたw

 

そして現在は、バイラルメディアの運営・Facebookページの運営、など、

全ての報酬を合わせますと毎月200万円程の収入を得ております。

 

スポンサーリンク

アフィリエイトで大事な事

アフィリエイトをやって行く上で大事な事は仕組みを構築する作業です。

1度、仕組みを構築してしまえば自動化出来るアフィリエイトもありますし、

定期的に若干の作業が生じるアフィリエイトもあります。

 

私の場合、法人化しておりますが作業は全て自分でやっている為、

いかに手間を掛けずに報酬に結び付けるかを得意としております。

 

スポンサーリンク

このブログで学んで欲しい事

このブログを見て学んで欲しい事は、

アフィリエイトで仕組み構築を学んで欲しい事です。

 

そして、怪しい情報に惑わされないで欲しい事です。

 

良く情報発信者のブログを見ていると、

◯◯アフィリエイトは稼げないから

◯◯アフィリエイトの方がオススメです。

という形でその方のやっている手法をオススメしたり、

教材として販売したりしていますよね?

 

これはコピーライティングのテクニックの1つで、

ある特定の手法を推薦すると、人は信じ込みやすいという

コピーライティングテクニックの手法なのです。

 

ですので、特定のアフィリエイト手法を批判する

情報発信者の方が多いのですが、

私はあらゆるアフィリエイト手法で

2019年現在も稼げていますので

特定のアフィリエイト手法しか稼ぐ事が出来ないって事はないです。

 

スポンサーリンク

結論

色々なアフィリエイトの情報に踊らされずに、

1つの事を極めようと思えば自然と報酬UPにも繋がります。

 

今までアフィリエイトで失敗して来た方々を見ていると、

何かしらの教材を買ってもその教材通りの作業をしないで、

数日間だけ作業をして、後は放置、

結局、あの教材は稼げないなど言う方々が多いです。

 

その教材通りに毎日少しでも作業をして

初心者の方でも3ヶ月もすれば

確実に報酬になっていると思います。

 

私のコンサル生は初月で10万円

3ヶ月目で30万円を稼いだ実績を持ってます。

 

アフィリエイトをやって行く上で

極めようと思ったら学ぶ事は非常に多いです。

 

これからこのブログで1つずつ解説して行きますので、

今後ともよろしくお願い致します。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事